母マドレーヌと母ドーナツ

数週間前から焼きたかったマドレーヌ。

私が小学校の3、4年生頃、初めてオーブンが我が家にやってきました。

ガスオーブンで今では信じられないような仕様でしたが
このオーブンで母が焼いてくれたお菓子の数々。

クッキー、ケーキ、タルト、マドレーヌ、シュークリーム等々

その中でもマドレーヌとシュークリームは食べ飽きる位、焼いてくれました。

数十年経った今でもオーブンから焼きあがる漂う香りも
一緒に作った光景も、はっきり覚えています。

今、食べたいマドレーヌはお店で買える上品なマドレーヌではなく
昔、母が作ってくれたマドレーヌだったのです。

レシピを検索しても、かなり進化していてアーモンドパウダーが配合されているよう
リッチな仕上がりのものが多い中で、見つけました。

萩田尚子さんの「ハンドミキサーでふわふわなスポンジとサクサクタルト」主婦と生活社
の中から。

焼きあがってすぐ食べて「うん、うん、この味」と納得しました。
時間経過すると、私が作ったほうが、母より丁寧に作っているので(笑)上品な感じ。

マドレーヌの型も当時のものなので、凄い年数が経っているのですが
あの頃、製菓材料や製菓器具は高価でしたので、いまだに頑丈なのかもしれません。

専業主婦だった母には製菓器具を揃えるのは、大きな出費だったでしょうが
娘としてはこんなに長きに渡り思い出が消えないので、有難さでいっぱいです。





f0192820_16205752.jpg
オーブンが来る前は、夏はアイスキャンディやプリン、ホットケーキやドーナツ。


ドーナツも昔ながらの配合が食べたかったので
栗原はるみさんのレシピで。

薄力粉が少ないので生地がやわらかく扱いづらいですが
揚げたてを食べたら納得のお味でした^^
f0192820_16185469.jpg

[PR]
by cookie2008 | 2014-11-22 16:50 | 食 SWEET パン
<< 久山 猪野川の紅葉 八女中央大茶園 >>