「ほっ」と。キャンペーン

グラバー園

(全ての画像はクリックしていただくと大きくなります)
f0192820_16362866.jpg
旧三菱第2ドッグハウス

「ドッグハウス」とは修理のために船が
造船所に入っている間、乗組員たちが
宿泊した施設のこと。










f0192820_16392087.jpg
旧スチイル記念学校

明治20年、東山手の丘に建てられた
ミッション系の学校。













旧グラバー住宅 国指定重要文化財
1863年に建てられた、日本最古の木造西洋風建築。

スコットランド出身のグラバーは1859年、21歳のときに
開港と同時に長崎に渡来しグラバー商会を設立しました。

日本人女性・ツルとの間に子供を授かり、温かな家庭をつくり
仲むつまじく日本で終生を過ごしました。
1911年、73歳の生涯を閉じたグラバーは現在でも
長崎市の坂本国際墓地で妻、息子夫婦とならび
眠っています。

いつも各部屋ごとに生花を飾っているようですが
1月の初旬でしたのでお正月のお花が華やかでした。
f0192820_16414039.jpg
f0192820_1721525.jpg












f0192820_174783.jpg
f0192820_1751474.jpg









f0192820_17192487.jpg
f0192820_1721258.jpg









このほかに旧オルト住宅があり洋風住宅の中で最も大きく華麗な建物なのですが
その建物に入った時、一番暗く感じたので撮りませんでした(あくまで私個人意見です)

オルトはイングランド出身。開国とともに長崎に渡りオルト商会を設立。
製茶業で巨額の利益を得たようです。

彼の妻エリザベスは
「長崎は本当に美しいところで、これ以上美しいところを
私は知らない」と回想録に長崎の印象を書き残しているそうです。

朝食を採らずに散策したのでお腹が空いたので
チェックアウトを済ませたら、稲佐山方面へ
ランチに行ってきます。


続く
[PR]
by cookie2008 | 2012-01-15 17:32 | | Comments(2)
Commented by toruneko65 at 2012-01-15 21:17
本当に充実した旅ですね!
楽しく読まさせて頂きました。
「美しいところ」益々、行ってみたくなります。
長崎に憧れてしまいました。♫
Commented by cookie2008 at 2012-01-16 19:24
torunekoさんのように
お生まれも育ちも広大なところで
過ごしてこられた方には、
「え!小さなところね」とお思いになるかも
しれませんが、コンパクトもなかなか良いですよ^^
読んでくださって有難うございます^^
<< 稲佐山 グラバー園 貿易商たちの邸宅 >>