古材の森

先日の福岡は雨はほとんど降りませんでしたが
ドライブするには残念なお天気。
それでも3連休なので糸島へドライブへ。

ランチは以前から行ってみたかった
糸島市前原中央の「古材の森」へ。
糸島在住の方のブログでこのお店を知ったのが
数年前。その間、糸島は何度も訪れているのですが
ランチタイムの時間に合わないなどで見送ってきたので

明治34年(1901)に旧家「西原家」によって
建てられた建物です。
歴史建造物として保存しながら、地域に開かれた場として
使用する「動態保存」を念頭に、地産地消の食事の提供
伝統的建造物の継承・地域文化発信の場として活用しているそうです。

110年前の建設風景や建設工事に携わった大工さんの写真まで
残っているので、小さなお店から始まり寛政7年(1795)頃から
米・麦の取引をはじめ、酢・醤油作り、金融業・呉服屋というように
色々な事業を行って、豪商となり福岡藩への財政支援にも
積極的に応じ、その功績によって町人としてかなり高い身分だった
ということが頷けます。

f0192820_7165681.jpg
f0192820_7174988.jpg
f0192820_718482.jpg


















f0192820_7194572.jpg
f0192820_7204384.jpg
f0192820_7213899.jpg













日曜日の13時ごろに伺ったにもかかわらず
お客は私達以外に1組だけだったので
ゆったり過ごすことが出来ました。
テーブル席はお庭が見渡せないので、お庭が見える座敷へ。

私は古材の森ランチ1600円(デザート&ドリンク付)
f0192820_7415697.jpg
卵料理
お造り(鯛 タコ)
果物(無花果 梨)
野菜の炊き合わせ
お豆 香の物
なすのハンバーグ
酢の物
赤米
お味噌汁






全てが丁寧な作りで、なすのハンバーグはお肉ではなく
お魚のすり身のハンバーグのようで味付けも優しく
酢の物に冬瓜も入っていたようです。
野菜の炊き合わせも素材の味を生かし最低限の
味付け。それによって本来の色が際立ってて美しく
お造りも糸島のものだからプリプリ。
お米のたき方も私好み!大満足でした!



NOさんは唐津街道ランチ1600円(デザート&ドリンク付)
f0192820_7514512.jpg

内容は古材の森ランチと似てますがハンバーグが無くて
鯛のそぼろ丼があるというところでしょうか。
最初はそのまま食べて途中から「だし」をかけて頂くのですが
このだしが絶品でだしをかけたほうがよりいっそう
美味しくなると言ってました。





f0192820_7552361.jpg
リンゴのタルト コーヒーゼリー
私は温かい紅茶。
NOさんはアイスコーヒーをオーダー。




大満足のランチでこのお値段は安いと思います。
またぜひ行きたいお店です。
[PR]
by cookie2008 | 2011-09-19 08:00 | 行事や外食
<< 糸島手作りハム まだまだ夏模様 >>