「ほっ」と。キャンペーン

1週間が過ぎて

東日本大地震から1週間が過ぎて
夢だったのじゃないか・・・とさえ感じるほどです。
お亡くなりになった方のご冥福をお祈りするとともに
被災された方の生活環境が出来るだけ早く地震の前の
状態に戻れるよう願うばかりです。

3月11日、福岡はとても気候のいい過ごしやすい日でした。
13時頃に銀行に行ったついでに町のほんわか春めいた感じと
爽やかな風が気持ちが良かった。

16時くらいに会社の営業の人が帰ってきたときに
仙台を中心に地震があっていて携帯の画像で火災も
あっているようですと聞いたが、ちょっとオーバーに
言ってるのだろうと、たいして心配もせずに
私は明日に控えた自分の検診を心配していたほどだった。

家に帰って自体は急変。
TVに釘付けになった。
津波にのまれる家屋や車。
私が幸せを感じていた時間にこんなことが
あっていたのか・・・

被災された方へのインタビュー
奥様と一緒に2階へ逃げていた男性。
途中から奥様がいなくなって・・・

奥様と子供さんと逃げていた男性。
目の前で奥様と子供さんが流されていったと・・・

まるで地獄絵図
ご心情は計り知れない。
男性は強いなとも思った。
女性だったらインタビューに答えることも出来ないだろう。

断水と停電で被災されたかたの食事と生活。
ドーナツ1/2個だとかおにぎり1個だとか・・
トイレの不衛生 お風呂に入れない 寒い
そんなニュースを見るたびに、水もでて電気も使えて
食べたい物も食べることが出来る自分の環境に
なんだか申し訳ないような気持ちになった方は
たくさんいると思う。

TVでコメンテーターの方が言っていた
私達は普通の生活をしましょう
飲食店は閑古鳥が鳴いていると
その人たちの生活もあるのだからと
けれどいまこの状況でそういう気持ちになれないのが現状。

関東地方の計画停電。
東京電力に苦情が7万件
公共機関の遅れに文句を言うサラリーマン
TVを観ていると、少し疲れてきた・・・


今週の水曜日、とても嬉しいことがありました。
先月、引越しをした私に、お祝いを遠くから送ってくださったのが着いた日でした。
上質で私の好みにピッタリで、でも自分にはもったいないので
使ったことがなかったパプージュ。
使わせていただいて、履き心地のよさ、見た目よりもうんと暖かく
お気に入りとなりました。

お気持ちだけでも本当に有難いのに
ご自分や身近な方が大変な時でお忙しいのに
私の為にお心遣いと時間を割いてもらって
申し訳ない気持ちと感謝でいっぱいです。

大切に使わせていただきます。

f0192820_21503049.jpg

[PR]
by cookie2008 | 2011-03-19 21:51 | 日々のこと
<< 菜の花 ケーキの日々 >>