鳥手羽先 最高!

たった今、不注意で投稿してたブログ消しちゃいました(泣)
30分は費やしてたのに~(><)


torunekoさんのブログで紹介されていたレシピで
作ってみました!


f0192820_20312577.jpg



もぉ!美味しいのなんのって!
味といい、香りといい、今まで作った手羽先のレシピの中で
ナンバーワンです^^

しょうゆ 酒 ごま油 しょうが・にんにくのすりおろし
で1晩漬け込み、焼くだけです。

私は朝、漬け込んで、夜焼きました。
分量はわからないので焦げ付くと困るので
しょうゆは控えめに。まったくフライパンにこびりつかず
お手入れも楽でした。

これからも手羽先を買ったら作ることまちがいなしです。
ありがとうございます、torunekoさん^^


先週末に買った栗。
やっぱり渋皮煮を作りました。
初めて作るのでネットのレシピを参考にしながら。
でもお砂糖はずいぶん減らしました。



f0192820_20403286.jpg



覚書

栗  450g(鬼皮をむいて)     (通常は栗1キロに対し水2L砂糖700g)
砂糖 260g
水  800cc
重曹 少々



1  大きめのボールに栗をいれ、かぶるくらい熱湯を注ぐ
   1晩おく

2  1を調理はさみで鬼皮をむく
   31個でTV見ながら1時間

3  鍋に2をいれ、かぶるくらいの水と重曹をいれ
  強火にかけて沸騰したら弱火で20分
  火を止めお湯を捨て、ざるに栗をそっと入れる
  同じことを2回繰り返す。(全部で3回)

4  渋皮のすじを爪楊枝などで取り除く

5  砂糖 260g水  800ccをなべにいれ沸騰させたら
  4をいれ弱火で1時間。そのままふたをして1晩おく

6 5の栗だけをお皿などに移し、ラップをかける(乾燥しない為に)
  鍋に残った汁を2/3量になるまで煮詰めたら、栗を戻しいれ
  火を通す。

これで出来上がりですが、長期保存したい場合は
煮沸消毒した瓶に入れると1年間保存できるそうですが
私は何人か少量ずつあげたので、それは省略しました。

味的には良かったのですが、3で電話が入り
時間オーバーしたため、見た目はバツな栗が
たくさん出来てしまいました(><)



福岡で有名なラーメン屋さんの焼豚を 
頂きました。女将のおすすめの食べ方で頂きました

キャベツの上にのっけて、ポン酢をつけて食べる。
美味しかったで~す
ご馳走様でした^^

f0192820_20565839.jpg

[PR]
by cookie2008 | 2009-10-05 20:58 | 食 SWEET パン | Comments(4)
Commented by toruneko65 at 2009-10-05 23:47
cookieさん、こんばんわぁ~
作って下さったのですね。美味しそうに焼き目もついて・・・

栗の作り方、ありがとう。私も作ってみますね。
少しづつ色がつき始めて・・・消毒したビンなら
一年間も持つのね。嬉しいですね。
ふふっ、こういう時に3つも電話、ごめんね、想像してわらちゃいました!
そういうことってありますよね。そういう私も間違って、良く消してしまいます。非公開にしてこまめに送信したりして・・・

焼き豚美味しそう。ポン酢で頂くって美味しそうです。
さすがラーメン店の焼き豚、見た目も美しくて綺麗ですね。❤

Commented by cookie2008 at 2009-10-06 22:22
torunekoさん、こんばんわぁ^^
次回はこの手羽先とビールで食べたいと
思ってます^^
考えながら入力してると意外と時間費やしてて
それが消えた時って本当にショックです(><)
ポン酢をつけることによってキャベツをもりもり
食べれるので、おすすめな食べ方でしたよ♪
Commented by あやしゃん at 2009-10-08 22:53 x
手羽先も栗の渋皮煮も、買って食べるものと思っていましたが、クッキーさんは作ってしまうのですね!!!凄いです!!!

手羽先は漬け込むだけでよいのですね?!私にも出来るかしら?とても味がしみ込んでいて美味しそう♪

栗、見た目もとっても美味しそうですよ^^お上品なデザートですね。
こちらは、手間がかかり難しそうですね^^;
Commented by cookie2008 at 2009-10-09 21:03
あやしゃんさん、栗の渋皮煮は私も初めて
作ったのですが、時間がかかり外出がタイミングを
見計らってしなきゃいけないのが難点ですね。
決して難しくはなくて、私が作ったものでも
差し上げた方がとても喜んでくださって^^
なんだかまた作りたくなりますよ。

手羽先はとってもおすすめです。
簡単だし、とっても美味しいです♪
<< おふくろの味 パティスリー サント・ノーレ >>